投稿

第31回 東京国際映画祭

イメージ
①輝ける日に サニー(ベトナム版)②海だけが知っている③音楽とともに生きて(In the Life of Music)④母との距離(Distance)⑤それぞれの道のり(Journey)⑥武術の孤児(武林孤児)⑦十年⑧トレイシー(翠絲)⑨詩人⑩はじめての別れ⑪プロジェクト・グーテンベルク⑫ブラ物語⑬冷たい汗⑭家族のレシピ⑮ワーキング・ウーマン⑯まったく同じ3人の他人
①輝ける日に サニー(ベトナム版) 監督:グエン・クアン・ズン 出演:ホン・アイン ティン・ハン ミ・ウエン トゥエン・マップ ミー・ズエン 2018ベトナム 117分 2011年の韓国版『サニー・永遠の仲間たち』(カン・ヒョンチョル)をリメイクして、この秋、大根仁監督で日本でも公開された『SUNNY 強い気持ち・強い愛』と期せずして?同時期にリメイクされたベトナム版(この3国競演は昨年は『怪しい彼女』。いずれも韓国発祥というのがチカラを感じさせるところだ)。ただし、韓国版・日本版はそれぞれ製作された時点を現代として25年前の高校時代と重ね合わせるとなっているが、このベトナム版は2000年を現代として75年ごろの高校時代を重ね合わせている、一種の「時代劇」になっている。75年は南北統一の年で政治は動乱期、街では反政府デモなどが行われ、そこに巻き込まれて乱闘する少女たち「荒馬団」というのは日本版には考えもよらぬ場面で、これはこれでベトナムらしさを出したところなのだろう。韓国版では7人だった「サニー」の仲間は、日本版とベトナム版では整理されて6人に。韓国版・日本版ではブラック企業で苦労していた「おでぶ」のラン・チーが小規模ながら質屋を経営し、心臓病の娘の手術台に苦労しているという設定で、かつての仲間探しにも下町の隣人たちを総動員してあたるという、少し人情ものっぽい話の濃度が強くなっている??韓国版では主人公ナミ(専業主婦)の未来がどうなっていくのかという不安定さを感じたが、絵が上手で本を書きたいというフォンの未来は「本を書け」と死んでいくミ・ズンに示唆されるし、日本版ではドラッグをやり、傷害事件を起こす同級生が校内であまり問題にもならずにいるという学校事情とか、死んでいくセリカが皆に残していく遺産とかがなんかリアルでなく感じられた(多分それらの社会を知っているつもり?、だからだろうけど)のだが、さすが2…

【勝手気ままに映画日記】2018年10月

イメージ
①タリナイ②愛と法③輝ける人生④クレージー・リッチ⑤ゲッペルスと私⑥運命は踊る➆判決、ふたつの希望⑧バッド・ジーニアス⑨オーケストラ・クラス⑩寝ても覚めても⑪君の鳥はうたえる⑫童話せんせい⑬恥知らずの鉄拳⑭僕はチャイナタウンの名探偵2⑮止められるか、俺たちを
 blogにしてから星取表をつけていませんでしたが、つけてほしいとリクエストあり。  私なりのおススメ作品(あくまでも勝手気ままな私見ですけど)に💮(ハナマル)  つけてみます。月に2~3本、かな??

①タリナイ 監督:大川史織 出演:佐藤勉 末松洋介(ナレーション)藤岡みなみ 2018日本(日本語・英語・マーシャル語)93分  1989年生まれの監督・ナレーションもしているプロデューサーの2人は私が勤務した都立国際高校の卒業生だそう。朝学校に行ったら、当時からいる元?同僚が是非行ってくれとポスターと、監督の著書を持ってきた。ただし、2人は私の赴任する1年前の卒業生で、私自身の教え子というわけではない。上映は1日1回、2週間くらいということで日程を見てみると、まあ何とか行けるのは今日だけ?ということで急遽チケットを予約してぎりぎり駆け込みで見に行く。大川は高校3年の春(2007年)はじめての海外旅行としてマーシャル諸島に行って以来、興味を持ち続け大学卒業後3年は現地の企業に就職していたという。そこで休みを利用して、カメラを回し現地の戦跡や戦争体験の取材をはじめ、知り合った佐藤勉氏の父親冨五郎氏が終戦間際のマーシャルで補給を断たれ餓死同様の戦死を遂げたことを知り、その鉛筆書きの日記を掘り起こし解読した。この映画はその佐藤氏の父の死の場所を探してのマーシャル諸島への旅を描いたドキュメンタリーだが、特徴的なのは現地の自然や戦跡とともに、日本語で歌う彼の地の人々の姿をたっぷりと描いていることだろうか。冨五郎日記という素材を得て、日本統治下というより戦争末期の置き去りにされた日本軍兵士の悲劇と、統治時代の文化的・言語的影響を残した現在のマーシャルの姿を描こうという意図が結びついたということなのだろうが、ウーン、それぞれは独立して描かれている感じもあって、現地の人々が「戦争はコワかった」と言ったり、佐藤勉氏がポロリと「日本は悪いことをしていたんだね」というセリフなどはあるが、そもそも植民地として他国を統治したことから…

【勝手気ままに映画日記】2018年9月

イメージ
①妻の愛、娘の時(相親相愛)②夏、十九歳の肖像(夏天十九歳的肖像)③スターリンの葬送狂騒曲④グッバイ・ゴダール⑤1987ある戦いの真実⑥SUNNY 強い気持ち・強い愛⑦夜の浜辺でひとり⑧検察側の罪人➈正しい日、間違えた日➉ウインド・リバー⑪クレアのカメラ⑫それから⑬プーと大人になった僕⑭泣き虫しょったんの奇跡⑮食べる女⑯愛しのアイリーン⑰いつだってやめられる 7人の危ない教授たち⑱追想(On Chesil Beach) 中国語圏映画2本 韓国映画5本 日本映画5本 でした!

①妻の愛、娘の時(相親相愛) 監督:シルヴィア・チャン 出演:張艾嘉 郎月? 田壮壮 宋寧峰 呉彦妹 譚維維 王志明 李雪健 劉若英 2018中国・台湾  121分 昨年のフィルメックスにつづいて2回目の鑑賞。チョイ役にも有名な役者が出演し、主題歌を歌う譚維維はシングルマザーの歌手として出てくるというわけで、豪華配役。張艾嘉が、家庭もしっかり持って、仕事もバリバリしてきて、自信もあるが口うるさくもあり、自己中心的だが、ときに天然ぶりを本人それとは意識せずに見せるような初老の女性(定年間近の55歳?という設定)を演じてうまい。その尻に敷かれているようでありながら、しっかり彼女を愛しフォローする夫役田壮壮は特に演じるということを要求されなかったのだそうだが、これもなかなか。この映画、今回見ると娘の恋人の歌手役も含め、男がとってもいい感じで、これってシルヴィア・チャンの男に対する視線の優しさかなとも思わせられる。
もう一つ前に見たときにも気になったのだが、母が死に、父とともに葬りたいと考えたときに、父の故郷に葬った父の墓の移転の話が出てきて紛糾していく物語だが、父が亡くなって田舎に葬るという時点で、田舎の元妻の存在もその気持ちも当然、街に住む夫を失った妻(母)には分っていたわけだし、それでいてなぜ田舎に葬ったのか、あるいは田舎に葬る決意をした妻がその元妻もいる田舎に自分も葬ってほしいと思うだろうかとか、また父の墓を作る時点でヒロインはなぜこの問題を考えなかったのか(90年代という設定なので、多分彼女自身は仕事や子育てに奮戦している若い時期で、父の墓を田舎に作る意味などは考えなかったのだろうとは想像でき、それもこの女性の時の流れと初老という今にかかわることなんだろうなとは思わせられる。
もう一つこの…

【勝手気ままに映画日記】2018年8月

イメージ
①レディ・バード②ビューティフルデイ③30年後の同窓会④ミッション・インポッシブル フォールアウト⑤フジコ・ヘミングの時間⑥告白小説、その結末⑦国家主義の誘惑⑧天皇と軍隊⑨詩季織々⑩欧州攻略⑪セラヴィ(C'est La Vie!)⑫オーシャンズ8⑬カメラを止めるな⑭沖縄スパイ戦史⑮ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ アディオス⑯カランコエの花⑰ヒトラーを欺いた黄色い星


①レディ・バード 監督:グレタ・ガ―ヴィグ 出演:シアーシャ・ローナン ローリー・メドカーフ トレイシー・レッツ ルーカス・ヘッシズ 2017米 94分 クリスティーナという本名を嫌い、自らをレディバードと名乗る少女の高校最後の1年を描く。サンティアゴを出て東部の大学に行きたいと願うが、成績も足りず、家計の問題(リストラされる父、一人介護士?をして働く母、大学生でアルバイト中の兄=顔立ちが一家で一人だけアラブ系なので、養子なのかも?、GFと家で同居している)から母にはひどく反対され、母の運転する車から飛び降りて骨折、という思い切った行動に出るヒロイン。二人のボーイフレンドと知り合うが、憧れの家に住む祖母を持つ優し気で紳士な最初のBFはゲイであることが判明、ちょっと孤高な感じで読書好きな2人目(『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメ)はベッドをともにしてバージンを捨ててみると、童貞のはずが6人目かな?というプレイボーイ?で裏切られ続けれヒロイン(まあ、本人も本気で恋をしているというより恋に恋しているわけだが)何事も今一つ裏目に出、その陰には支配的というのではないがなんか、彼女と似た性格で彼女に対する希望もある母との確執がからむわけだ。母に内緒で応募した東部の大学の1つに補欠合格し、父のバックアップも得て大学に行き、母の気持ちもようやくわかりというハッピー・エンド(前途はまだまだ多難そう)ということで、すごく目新しいテーマで押してくるということはないが、ヒロインの気持ちに寄り添って一緒に一喜一憂できるような、その意味では親近感もある、おさまりのいい映画だった。(8月3日 川崎市アートセンター・アルテリオ映像館)

②ビューティフルデイ 監督:リン・ラムジー 出演:ホアキン・フェニックス ジュディス・ロバーツ 2017英 90分 元軍人という体力系の何でも屋ジョー(身元不明者の捜索を請け負う…

【勝手気ままに映画日記】2018年7月

①空飛ぶタイヤ②パンク侍 斬られて候③返還交渉人 いつか沖縄を取り戻す④マンダレー・スター⑤フロリダ・プロジェクト⑥さよなら僕のマンハッタン⑦バトル・オブ・セクシーズ⑧ファントム・スレッド⑨SUKITA⑩志乃ちゃんは自分の名前が言えない⑪QUEER×APAC APOFFA傑作選20018⑫北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ⑬菊とギロチン⑭マルクス・エンゲルス⑮私はあなたのニグロではない⑯三十二⑰ハンソロ⑱男と女、モントーク岬で⑲ルイ14世の死⑳サバ―ビコン 仮面を被った街    
日本映画①②③⑨⑩⑬ 中国語圏映画⑪の一部⑯ 
①空飛ぶタイヤ 監督:本木克英 出演:長瀬智也 ディーン・フジオカ 髙橋一生 深田恭子 小池栄子 笹野高史 寺脇康文 阿部顕嵐 ムロツヨシ 中村蒼 浅利陽介 岸辺一徳  2018日本 135分 池井戸潤の小説を原作に大企業のリコール隠しに立ち向かい告発する人々とその事件経過を描く。トレーラー脱輪人身事故で窮地に追い込まれた運送会社の二代目社長、赤松徳郎(長瀬智也)は事故の原因は製造元のホープ自動車の側の問題ではないかとホープ自動車のカスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に資料を出すように請求、これを最初は相手にしなかった沢田だが、車内の品質管理部にT会議という秘密の集まりがあることを知り、その解明を志す。一方ホープ自動車から巨大な融資を求められたホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)も3年前にもリコール隠しがあった銀行の資産管理に疑問をもち、その業績を調べていく。それぞれの動きや敵対するホープ自動車幹部の側(岸辺一徳が凄みのある態度とウェーブヘアのメークで品もない悪にして大物感をだしている)をが事故を追っていくさまを正攻法で描いていく。それぞれの立場での点としての動きが最後につながり、ホープ自動車の二度目のリコール隠しが明らかになる。赤松運送の従業員たちや、赤松が自分の足で回っていく地方の、やはりホープ自動車で事故を起こした運送業のメンバー、とかホープ自動車社内の沢田に協力する盟友たち、井崎を支持する上司や彼らに協力するジャーナリスト、また事故を調べる警察官などが過不足なく描かれて点がつながっていくための力が示されているところが納得(ただし少し理想的過ぎるかも)。それに対する巨悪の方はといえば岸辺の大物感に集結し…

【勝手気ままに映画日記】2018年6月

①軍中楽園②女は二度決断する③いつだってやめられる-10人の怒れる教授たち④モリのいる場所⑤ザ・スクエア 思いやりの領域⑥馬を放つ➆羊と鋼の森➇ダンケルク⑨君の名前で僕を呼んで➉アイ・トーニャ 史上最大のスキャンダル⑪万引き家族⑫ウタモノガタリ⑬修道士は沈黙する⑭焼肉ドラゴン⑮ガザの美容室⑯海を駆ける⑰心と体と⑱ロンドン、人生始めます⑲シンガポールへ、愛をこめて⑳ニワトリ★スター
中国語圏映画①⑲ 日本映画④⑦⑪⑫⑭⑯⑳
①軍中楽園 監督:ニュウ・チェンザー 出演:イーサン・ルアン レジーナ・ワン チェン・ジェンビン チェン・イ―ハン 2014台湾 133分  以下は2014年台湾で見たときの感想。今回見てみて、より鮮明に分かった?ところもあったけれど、基本的な感想はほぼ同じ。ただし歴史の記憶としてこのような事実があったということは映画に残す価値があると思うし、美しく書かれてはいるが、特に美化したり、正当化したりはしてはいないなとは思った。
10月4日 台湾 台北長春国賓劇院 ☆☆☆
要は軍隊の慰安所を肯定して?描いた映画、後味が悪い、金門島にいわば閉じ込められた兵士たちが高粱酒を飲み、女を買う姿を描いただけと悪評?もあり、日本では公開もないかなと恐る恐る、土曜夜の劇院へ。30分ぐらい前につくが最前列の6席のみが残っているという状況。ただし32席という極めて小さい会場だが。まあ画面の大きさもそこそこなので、首が痛くなったり目が痛くなったりというほどのことはないが。で、聞くと見るとの印象は大違いだった。
1969年、金門島に配属された若い兵士は水泳訓練で落ちこぼれ、「軍中楽園」または一般には八三么(basanyao=電話番号からとか)と呼ばれる慰安所(特約茶室とも)に配属されて、待応生と呼ばれる兵士相手の慰安婦の管理・世話役をすることになる。そこでのさまざまなエピソード、恋人と引き裂かれ連行された字の読めない上司の恋慕(台湾語、北京語、客家語等々入り混じる部隊内ではどうも言葉も今一通じないらしい)部隊内で虐待され慰安婦の一人と逃げる兵士、そしてイーサン・ルアン演じる主人公も刑務所から刑期の短縮を条件に送られている一人の慰安婦にほのかな恋情を抱く。この慰安所にいるのは一般的な娼婦のほかに、私娼として摘発された娼婦が送られたりもしたらしいが、特に囚人として来ている女性…